印鑑のうんちく知識

会社印鑑イメージ

会社を運営にしていくにあたって印鑑というのはとても重要なものとなっています。
会社を興す時から必要となっていき様々な書類などにも押印していかなければなりません。
つまり会社にとって無くてはならないアイテムが印鑑となるのです。

その印鑑についてちょっとした雑学を披露したいと思います。
印鑑といいますがこれと判子の違いって分かりますか?

現在はこの二つの意味は混合されて使用されていますが実はそれぞれにちゃんとした違いがあるんです。
判子というのは印章と呼ばれるものの事でつまり印を押す道具自身を指す言葉なんです。

では印鑑というのはどういった意味なのでしょうか?
印鑑とは判子を押すことでできる印影を指す言葉なんです。
つまり判子によって付けられた印が印鑑となるわけなんです。

私もこれは調べるまで知らなかった知識でした。
どっちも同じ意味で言い方だけが違うのかと思っていたのですがちゃんとした違いがあるんですね。

そういえば印鑑というのは印(しるし)という漢字と鑑(かがみ)という漢字を組合わせて出来ています。
その漢字通り印(しるし)を写す鑑(かがみ)となるのですね。

しかし先にも書きましたが現在は意味が混合されており同じような意味合いとして使われています。
日本人としてはきちんと正しい日本語を使いたいですが難しいものです。

このうんちく知識、みなさんも披露してみてはいかがでしょうか?
そして正しい使い方を周りに伝授してあげてください。

〔大活躍のオフィスグッズご紹介〕

膨大な量の書類も、キータッチ感覚でらくらく捺印できる「クイックスタンパー」。
郵便や名刺、敬弔用まで幅広い用途までお使いいただけます。
スタンプ台不要の浸透式スタンプなら、

ハンコヤドットコムの《サンビー館》へ

ページの先頭へ