印鑑のケア

  • RSS

印鑑というものはとても大事なものです。
書類だけではただの紙ですが印鑑を印字することによって重要な証明書となるのです。
会社の印鑑ともなればその重要性も格段に上がります。
重要な印鑑というのは簡単にコピーできないようにオーダーして作るのが基本となります。

つまり紛失したり損傷したりすると大変なことになってしまうのです。
そうしないためにも普段から保管場所や保管方法に気を付けていかないといけません。
特に保管方法に関しては印鑑をいい状態で保つために必要になりますので実践した方がいいでしょう。

印鑑は使用した後きちんと朱肉をふき取る必要があります。
そうしないと印鑑に付いた朱肉が固まってしまい次回使用する時に上手く押すことが出来なくなってしまいます。
それを回避するためにも使用後はきちんと朱肉をふき取る必要があります。
ふき取った後はきちんとした印鑑ケースに収納しましょう。

印鑑というのは大抵天然素材を使用していますので乾燥などに弱いという側面があります。
乾燥を防ぐためにも印鑑ケースというのはだいじなのですね。
個人の印鑑の場合こうしたケアをする人はいるかと思いますが会社のものですとなかなかできないものです。
そのためこうしたケアを普段の使用後から徹底することが長持ちさせる秘訣だと思います。
それを印鑑を使用することのある人全員に徹底させなければなりません。
会社を経営する人はそれを実践してみてはいかがでしょうか?

〔オススメ商品のご紹介〕
はんこの表面やトップ部分に3Dネイルをほどこした「おしゃれはんこ」がいま売れ筋です!
カラフルなデコ印鑑だけでなく、黒水牛にスワロフスキーを散りばめた高級感のある印鑑もございます。
⇒デコレーション印鑑をみてみる
印鑑での書体の種類
http://www.senderid.org/

このページの先頭へ